薪ストーブのある家 注文住宅 奈良①スタッフブログ

薪ストーブのある家 注文住宅 奈良①  2017年12月27日

薪ストーブのある家を建てたい!奈良に住むお施主様はずっと薪ストーブのある暮らしを描いてきました。リビングにある薪ストーブを囲んで家族が団欒する!寒い地域なので火を絶やすことなく冬も暖かい暮らしがしたい!というのが夢だったのです。薪ストーブを入れるとなると勿論注文住宅。平屋の薪ストーブのあるお宅の完成見学会を知り合いから聞いて来て下さったのが かれこれ5年前。機は熟し(笑) 漸く新築という運びになりました。

母屋が建っている広い敷地の一角に若夫婦家族の家が建ちます。今まではずっとご両親達と同居。田舎のお宅にありがちな家族が使える部屋が意外とない・・・というのが悩みでした。今も1部屋を子供たちと一緒に使っているとのこと。そろそろ子供達にも個室を用意してあげたいという親心と自分達の力で家を建てたいという想いからのこのタイミングとなりました。

蔵の前が新居です。地鎮祭の準備が整いました。

地鎮祭が始まり、こうべをたれ 神妙な面持ちです。

地鎮祭の儀式。まずはご主人。

続いて奥様。

皆さん 笑顔で乾杯!地鎮祭を執り行って下さった宮司さんは親戚にあたるのだとか。わざわざ来て下さったらしいです。

今は一緒に住んでいるご両親と!

ご覧下さい。ご夫婦の笑顔を!! 何といっても5年、いえいえお2人の中ではそれ以上の気持ちの年月が流れているはずです。私達も その想いに応えたい!と思います。

早速 地盤調査。

白いロープを引いてあるところが今度家が建つ場所です。配置をきちんと決めて地盤調査をしなければきちんとしたデータは出ないということになります。たまに、地盤調査だけしてみましょうというところがあるようですが、飽くまでも予想にしか過ぎません。建替えなどでそこにまだ家が建っていたら尚更です。今家が建っていない庭は地盤が固く、家が建っている所が柔らかいということもあるのです。このロープの中でもばらつきが出ることもあります。

この機械で調査します。基本的に5カ所。最高10mまで調査しますが10mに到達するまでに固いと判断できればいいわけです。

この調査結果と対応方法は後日になります。

 

それぞれのご家族には家を建てるここ!というタイミングがあるように感じます。このご夫婦もそれが今!!だったわけです。

by 村﨑

 

◆奈良・大阪でおしゃれでこだわりの新築・リノベーション・リフォームするなら

バルジ建築設計室◆

本社:奈良県奈良市中之庄町453番地

大阪事務所:大阪府河内長野市木戸西町2丁目8-5

⇒お問合せ  ☎ 0742-81-0037