シニアになる前に!アラフィフ女性のリフォーム②奈良スタッフブログ

シニアになる前に!アラフィフ女性のリフォーム②奈良  2017年8月9日

『古民家風キッチンリフォーム』

村﨑です。

2回に渡ってお伝えしております女性のリフォーム!

この年代の方は経験があるので、設備機器などの機能も何が自分にとって必要かをしっかり判断して下さいます。メーカーが便利です!とうたっている機能でもいらないものはいらない!と実に明確。

そして、内装などのイメージに関する事には慎重かつ大胆です。壁材でも機能や汚れの付着など掃除のしやすさをチェックされる一方、色柄に関しては今度は自分の好きな色柄にしたいと積極的。

私達のアドバイスに耳を傾け、お一人でテキパキ決めて下さいました。色柄に積極的にチャレンジして下さったのが、トイレです。

今度は好きなクロスを使いたい!という事で、お客様の前にあるようなブルーのクロスをおすすめしてみました。

こちらはリフォーム前。1階も2階もシンプルな白いクロスです。こういう白い空間が好きな方はいいのですが・・・

もっと個性的で楽しいトイレにしたい!ということで。。。

1階はグリーンをテーマカラーにしました。黄緑色の壁に大きなリーフ模様のアクセントクロスを使いました。

こちらは2階。テーマカラーはブルー。アクセントクロスにはタイルのような柄をおすすめすると気に入って取り入れて下さいました。

アクセントクロスのアップ写真です。

トイレは完全な個室。遊び心でちょっと遊んでみるのもいいですよ。

そして、念願のキッチンリフォーム!!

古民家が好きという事から、圧迫感がないような古民家調に仕上げました。

リフォーム前のキッチンです。壁付けのキッチンなのでテーブルも置けて空間は広く使えています。が、対面キッチンがご希望です。対面キッチンはどうしても部屋の真ん中部分にキッチンがくるので空間を広く使えないというデメリットがあります。家族の食事時間もバラバラなのでダイニングとリビングの要素が1つになってもいいということで対面キッチンが叶いました。

床はダークな無垢材。キッチンまでブラウンにすると圧迫感があるのでナチュラルな木目にしました。キッチン、カップボード共にパナソニックのラクシーナです。対面キッチンのメリットは後ろの壁面をたっぷりの収納スペースにあてられること。

対面の壁にニッチも作りました。飾りながら置く!という楽しみが生まれます。

リフォーム前のリビング部分です。ここが。。。

すっきり生まれ変わりました。くどくない程度に古民家風を取り入れ、天井には梁を付けました。和紙調のプリーツスクリーンもトータルコーディネート。黒い枠のダウンライトも脇役として一役買っています。

木目のクロスを張って梁風に仕上げたダイニングの天井。

手前のキッチンエリアはブラウンの網代のクロスで好きなモノを共存させました。

自分にとって必要なもの、好きなものを躊躇なく取り入れたリフォーム。しっかりした選択眼、ぶれない思いが大切かも知れません。

 

◆奈良・大阪でおしゃれでこだわりの新築・リノベーション・リフォームするなら

バルジ建築設計室◆

本社:奈良県奈良市中之庄町453番地

大阪事務所:大阪府河内長野市木戸西町2丁目8-5

⇒お問合せ  ☎ 0742-81-0037

 

ゼロエネルギーハウス(ZEH)にも取り組んでいます。

施工エリア:奈良・大阪・和歌山の一部・三重の一部・京都の一部