薪ストーブのあるおしゃれな家 奈良②スタッフブログ

薪ストーブのあるおしゃれな家 奈良②  2018年2月23日

念願だった薪ストーブのある暮らし。素朴で武骨な薪ストーブのあるLDKでの生活をずっと描いていらっしゃいました。寒い地域なのでとにかく冬場の寒さ対策を考えた家にします。そんなお宅の地盤調査から補強、基礎工事をお伝えします。この流れはどのお宅も同じなのですが、地盤補強がハイスピード工法で行われたということが少々違うところでしょうか。

地縄張りです。家が建つ場所を決めてロープを張ります。そして、この中で数カ所地盤調査をします。調査結果は補強が必要という結果がでました。次は、どういった地盤補強をするかということになります。セメントの柱状杭を打つ方法が多いのですが こちらはハイスピード工法にしました。ハイスピード工法とは天然砕石パイル工法とも言われるように石を圧をかけながら地中にいれていきます。

必要な所をドリルのような機械で掘っていきます。

こんな穴ができます。この穴に砕石を入れていきます。

天然砕石が現場に到着!

砕石を投入!

この方がハイスピード工法を選ばれたのは地中環境を配慮されたのが大きな選択基準でした。このお宅は敷地が広く、敷地に一角で畑を作っています。この畑で収穫した作物は当然日々の食卓に並び家族の口から体内に入っていくわけです。セメント系固化材を使用した場合、発がん性物質である六価クロムが発生する恐れがあります。土壌環境が汚染されることも考えられ子供や孫に悪影響を及ぼすかもしれないものは使わないでおこうということになりました。他にも 砕石パイルと現状の地盤の面で支えるので安定した強さがあり、地震時の液状化を抑制できると言われています。又、産業廃棄物にはならないので将来取り除く必要もなく、セメント等のように劣化することもありません。費用的には少々あがりますが、これからのことを考えられての選択です。他にも奈良の平屋住宅もこのハイスピード工法でした。http://bit.ly/2xbHn5J

地盤補強も終わり基礎工事です。基礎の土台 いわゆるステコンというのがこの段階。防湿シートを張って上に湿気が上がらないようにしています。

これが配筋。フラット35の仕様に合わせています。

コンクリートを流し入れ

基礎が完成。周囲には足場も用意されています。こうして、現場は寒い中進み、中では打ち合わせも進行。

TOTO奈良ショールームで浴室を選んで頂きました。サザナ1620。1.25坪のタイプです。身長183㎝とビッグサイズのおしゃれなご主人。このご主人がゆったりつかれる浴槽でなければなりません(笑)3種類の浴槽を入り比べて頂きます。

席に戻って床、壁、浴槽の色を決めて頂きます。

続いて、パナソニックリビングショールームへ。

悩まれた結果、キッチンはフラット対面になりました。5人家族の配膳や子供さんと一緒にキッチンに立った時の動線、作業性を考えるとカウンターが広く迎え合わせでも作業ができるキッチンになりました。

ショールームで商品を実際に体感し選んで頂いたところで契約。中嶋の説明を真剣に聞いて下さっています。ご夫婦共本当にいい方で、何年か越しにやっと実現するマイホーム、薪ストーブのある暮らしを楽しみにして下さっています。

by 村﨑

 

◆奈良・大阪でおしゃれでこだわりの新築・リノベーション・リフォームするなら

バルジ建築設計室◆

本社:奈良県奈良市中之庄町453番地

大阪事務所:大阪府河内長野市木戸西町2丁目8-5

⇒お問合せ  ☎ 0742-81-0037

 

ゼロエネルギーハウス(ZEH)にも取り組んでいます。

施工エリア:奈良・大阪・和歌山の一部・三重の一部・京都の一部