2世帯住宅を注文住宅で 奈良⑭スタッフブログ

2世帯住宅を注文住宅で 奈良⑭  2018年3月26日

奈良でおしゃれな2世帯住宅を注文住宅で建てています。玄関が共有の1、2階分離型の2世帯住宅です。内部はクロス工事も終わり完成に近づいて、今外構工事も同時進行で行っています。今 クロスが張り上がったばかりの内部の様子をお伝えしようと思います。床はまだ養生中でご覧頂けませんが、1階の親エリアは落ち着いたチェリー色、2階の若夫婦エリアはLDKが明るいメープル色、寝室はぐっとシックにスモークオーク色、そして将来の子供部屋はホワイトの床材と それぞれの部屋で楽しめるように床色を変えました。家全体に統一性をもたせたい方は全て同じ床材にしますが、個々の部屋では好きな色を使いたいという方は色を張り分けることもおすすすめします。好きな色、ずっと使いたかった色は諦めて欲しくないと思っています。おかしくないかな?変にならないかな?という心配もあると思いますが、そこを上手くまとめるのが私達。場所を変えたり、張り方を変えたりコーディネートしますので、遠慮せずにどんどんこれいいな!これつかいたいな!という気持ちをぶつけて頂きたいと思っています。

さて、こちらのお宅は正面以外両隣も後ろも家に囲まれていて採光がなかなか望めません。又、窓の外が広がっていないので開放感も余り望めません。建替えですので、そんな立地条件は百も承知のお施主様。以前のお宅は昼間でも照明をつけないとダメだったのでとにかく少しでも明るくしたい!という思いがかなり強かったのです。

当然、間取りの段階で各部屋をどこに配置し窓の位置をどうするかは検討します。が、人が明るいと感じるのは決して太陽光に対してだけではないので、色を使って如何に明るく見せるか、更に明るく感じられるようにするか というのも大事な要素。色は心理面に作用しますから その特性を利用し明るい気持ちで暮らせる空間作り!をするわけです。が、ここでやはり大事なのが、好み!つまりいくら明るく見える色であっても その色が好きでない場合は逆効果になってしまいます。好きじゃない色に囲まれての生活はテンションが上がらず、気持ちが知らず知らず疲弊してしまいます。

では、気分がアップするアクセントウォール(アクセントクロス)をご紹介します!

こちらは親世帯のリビング。1階は採光が望めない為、吹抜けを作りました。燐家との距離が近いので窓は視線より高い場所に設置。この方がかえって光もよく差し込みます。この高窓の下にはテレビを置くこともあり窓を高くしました。そして、テレビの後ろにはアクセントのタイルを張りました。お気付きのように決して明るい色のタイルではありません。それどころか、寧ろダーク色。何故かといいますと・・・こんなことがありました。ご家族の中で明るさへの希望が一番強かったのがお母様。パナソニックのショールームでキッチンを見て貰っていた時、無意識に選ばれるものが落ち着いたダークなものが多いという事に気付きました。最初は床の色もメープル色かオーク色にして明るくという話だったのですが何か違和感が。そこで、何も考えず、好きな色、落ち着く色はどれですか?とお尋ねすると、シックな色合いのものだったのです。自宅は落ち着くのが一番。そこで、床はチェリー色にし、アクセントのタイルもテレビ越しに眺めていてしっくりくる色にして頂きました。

和室のおしゃれな天井 奈良

リビングの隣にある部屋に挟まれた和室。壁は和紙調のグリーン系一色、ここでのアクセントは天井です。網代のクロスを張って和の雰囲気を大事にしつつ4.5帖という広さのこともありあっさりめの和室に仕上げました。この窓にはグリーン系のプリーツスクリーンが付く予定。ウィンドウエレメントも考えてクロス選びをお手伝いします。

おしゃれなアクセントタイルエコカラット 奈良

2世帯の共有部分である玄関です。写真では少々わかりにくいですが、4枚でワンセットの柄になるタイル、エコカラットを張っています。玄関を入って正面になる壁をアクセントにすると奥行きが生まれます。これは廊下などでも使える手法です。共有部分でもあり余り主張しない色味を選び、控えめで落ち着いた雰囲気を出し、何か飾っても飾らなくても様になるようにしました。

ここからは、お若い二人の2階部分です。

まず、LDKのアクセントは 若奥様が最初から心惹かれ、揺らぐことがなかった赤のキッチン!アクセントは必ずしもタイルやクロスに限ったことではありません。このように、キッチンがポイントカラーになったり、ソファーやカーテンだったりすることもあるのです。

真っ赤なキッチンをいかすため、床はメープル色、窓廻りもオフホワイトの縦型ブラインドでシンプルにまとめました。

こちらは寝室。床はダーク色に変えてその流れを汲んだホテルを思わせるようなシックなアクセントクロス。2階でここだけが唯一(笑)大人な雰囲気です。寝室ということもあり落ち着ける空間にしました。

そして、ご紹介するのが子供部屋2室。

なかなかポップで楽しい部屋になりました。

こちらはご主人プロデュース!アルファベットをモチーフにし原色を使った楽しいアクセントクロスです。

こちらは奥様プロデュース!優しい色調ですが大胆な柄が北欧っぽいです。

子供部屋は予定として2部屋ありますのでお二人がそれぞれ好みのアクセントクロスを選ばれました。子供部屋はシンプルに仕上げ 子供がどんな色が好きになっても対応できるようにするのも有りです。が 結婚前のこちらのご夫婦の場合、子供がこの部屋を使うようになるのは 早くても10年先。それまでは、ご夫婦が使うことになるので思い切って楽しめる空間にしました。将来このアクセントの1面だけクロスを張り替えることも可能ですし、子供が使う時にクロスを張り替えるという事もできます。リフォーム工事の中でクロスの張替えが一番お手頃にできる工事でもありますので・・・

おしゃれなトイレのアクセントクロスとニッチ 奈良

最後はトイレのアクセントクロス。こちらも北欧テイストクロスを1面に張り、小さなニッチを作りました。1帖サイズのトイレの場合、こうしたニッチを作ることで少し広がりがでて、インテリア性もアップします。ニッチの中はアクセントクロスの中の2色を奥に張りそのままでも十分おしゃれです。

アクセントに色を使いたい!柄を使いたい!という方はサンプルを見てちょっと派手?と思うくらいのものを選んで貰っても大丈夫です。反対に控えめな色柄はアクセントになりませんのでご注意下さい。その辺りのさじ加減はお任せ下さい!

こうして、色の使い方で明るさを演出できるのです。勿論、好みはありますが、視覚的に住んで楽しい家を作ることができます。

村﨑がお伝えしました。

◆奈良・大阪でおしゃれでこだわりの新築・リノベーション・リフォームするなら

バルジ建築設計室◆

本社:奈良県奈良市中之庄町453番地

大阪事務所:大阪府河内長野市木戸西町2丁目8-5

⇒お問合せ  ☎ 0742-81-0037

 

ゼロエネルギーハウス(ZEH)にも取り組んでいます。

施工エリア:奈良・大阪・和歌山の一部・三重の一部・京都の一部